【終了しました】4/27 地平社創業記念シンポジウム

地平社は、1月16日に創業し、いよいよ4月から書籍の出版を始めます。
創業と出版を記念して、記念シンポジウムを開催することになりました。ゲストには、杉並区長の岸本聡子さんと琉球新報編集委員の南彰さん、そして司会にPARC代表の内田聖子さんをお迎えします。
会場では、刷り上がったばかりの新刊6冊も販売します。ぜひお気軽にお運びください。


デモクラシーのインフラであるメディアを、どのように再構築していくのか? そのカギをにぎる「地域/市民」という切り口から、いま地域政治と地域メディアの最前線で新たな地平をきりひらいているお二人に語っていただきます。


岸本聡子(きしもと・さとこ) 東京都杉並区長。公共政策研究者。1974年東京生まれ。20代で渡欧しアムステルダムを本拠地とする政策シンクタンク「トランスナショナル研究所(TNI)」に所属。新自由主義や市場原理主義に対抗する公共政策、水道政策のリサーチ、市民運動と自治体をつなぐコーディネイトに従事。2022年6月の杉並区長選挙で現職を破り勝利、初の女性区長となる。地平社から『杉並は止まらない』を7月刊行予定


【日時】4月27日(土)14:00-16:30 (開場13:30)
【場所】日本出版クラブビル・3階ホール(〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-32)
【アクセス】神保町駅(東京メトロ、都営新宿線・三田線)A5出口より徒歩2分


【参加費】無料
【申し込み】事前申し込みが必要です。以下の申し込みフォームからお申し込みください。
      申し込みフォーム(外部サイトに飛びます)

Don't Miss

絶望からの新聞論

新聞はもう本当にダメなのか。

世界史の中の戦後思想  

危機の今、戦後思想の可能性を再読する。