デジタル・デモクラシー  

ビッグ・テックを包囲するグローバル市民社会

ビッグ・テックが独占するデジタル技術によって、人々の監視や搾取が世界的に広がり、抗議の声が各地にわきおこっている。公正で倫理的なテクノロジーを求める、デジタル時代の民主主義の姿を生き生きと描き出す。

岩波書店『世界』連載を大幅に加筆・修正のうえ書籍化。


もくじ

第1章 〈わたしの顔〉を取り戻せ!
第2章 監視広告を駆逐せよ
第3章 キッズ・テック――狙われる子どもたち
第4章 暗躍するデータブローカー
第5章 アルゴリズム・ジャスティス
第6章 小農民の権利を奪うデジタル農業
第7章 「ゴースト・ワーク」を可視化する
第8章 ロビイストから民主主義を取り戻す
第9章 アマゾン帝国を包囲する
第10章 データ・コモンをめざすフィアレスシティ
第11章 民主主義という希望


著者について

内田聖子(うちだ・しょうこ)
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表。自由貿易協定やデジタル政策のウォッチ、政府や国際機関への提言活動などを行なう。共著に『コロナ危機と未来の選択――パンデミック・格差・気候危機への市民社会の提言』(コモンズ、2021年)、編著に『日本の水道をどうする!?――民営化か公共の再生か』(同、2019年)。

デジタル・デモクラシー:ビッグ・テックを包囲するグローバル市民社会
2024年4月23日発売
四六判並製、264ページ、2000円(税別)
書籍 ISBN 978-4-911256-00-8 C0036
電子書籍 ISBN 978-4-911256-50-3 C0036


Don't Miss

経済安保が社会を壊す

経済政策の「安保化」――専門知による批判

ルポ 低賃金

なぜ普通に働いても普通に暮らせないのか。