経済安保が社会を壊す

政治・外交のみならず、経済、そして社会に侵出しつつある「経済安保」。その名のもと、何が起きているのか。市民的自由や平和的生存権に与えるインパクトを可視化する。2024年1月からの通常国会に提出された「セキュリティ・クリアランス」を導入する法案をふまえた緊急出版。


もくじ

序章 なぜいま経済安保を問題にするのか 島薗 進
1章 経済安全保障とは何か 井原 聰
2章 秘密国家化と民間統制 海渡雄一
3章 日本の経済安全保障政策と米国の対中国・軍事経済戦略 坂本雅子
4章 経済安保・エネルギー安保・食料安保 「安保」の名のもと戦争体制へ 天笠啓祐
おわりに 海渡雄一


著者について

島薗 進(しまぞの・すすむ)
東京大学名誉教授。大正大学客員教授。龍谷大学客員教授。上智大学グリーフケア研究所元所長。
井原 聰(いはら・さとし)
東北大学名誉教授。科学史・技術史。
海渡雄一(かいど・ゆういち)
弁護士。日本弁護士連合会事務総長など歴任。現日弁連秘密保護法・共謀罪対策本部副本部長、秘密保護法対策弁護団共同代表。
坂本雅子(さかもと・まさこ)
名古屋経済大学名誉教授。日本経済史。著書に『財閥と帝国主義』など。
天笠啓祐(あまがさ・けいすけ)
ジャーナリスト。市民バイオテクノロジー情報室代表。日本消費者連盟顧問。

経済安保が社会を壊す
2024年4月23日発売
四六判並製、192ページ、1800円(税別)
書籍 ISBN 978-4-911256-04-6 C0031
電子書籍 ISBN 978-4-911256-54-1 C0031


Don't Miss

絶望からの新聞論

新聞はもう本当にダメなのか。

About us (地平社について)

生きとし生けるものと同じ地平に立ち、[地]球と[平]和につい